top of page
検索

伝家の宝刀「FUN GUN」の魅力 ARAKAWA SURFBOARD

まずはご覧ください。



この見た目の破壊力。

写真ではわかりにくいですが現物はオーラを放っています。


このボードの名は「FUN GUN」といい、南はハワイ・聖地ノースショアからやってきました。「楽しいガン」?

先日ガンボードの魅力にふれましたがこれはその最たるもの。




お尻を見てください。とんがっています。


このボードのコンセプトは「膝波~20Fまで同じように楽しい」

私がこのボードを初めて目にしたのは7~8年前、ARAKAWAの石丸さんがとんでもない長いボードをマリブに持ち込みました。確か10’3”だったかな?


ロングボードのような雰囲気ですが尖っています。

そしてふんぞり返っています。ノーズロッカー・テールロッカーともにつよ~いです。

でもノーズエリアの幅は広いです。


テイクオフは波がブレイクするそうとう前から滑り出し、皆さんが波待ちしているところではすでにボトムターンに入っています。慣れてくるとボトムへ下りずハイラインをキープしたままフルスピードで横走りします。


膝波だってそれは同じ。

スープにつかまってもグングンと前に出てくるのでまたオープンフェイスを楽しめます。

このボードに乗ってる人を見た人々は一様に「反則」と言います。






私が知る限りこのボードを手にしている日本人は4人。そして作られボードは5本。

あれっ?ですね。


4人のうちの1人は1本目をショットガンで折ってしまい2本目を使っています。その方は2本目は折れないようにと3ストリンガーのストリンガーまで特注品です。


全て9’8”以上です。長いものは11’4”とエリックの工場でも最長記録となるボードです。

マリブの頭半くらいでも膝波と同じように安定したサーフィンを約束してくれます。


写真のボードは先週上がってきたばかりの9’8”3ストリンガー仕様です。

お客様はこのボードを見ながら一夜にしてバーボンを半分あけました。ロックで。


世の中にはこんなボードが存在するんですね。

私もいずれば手にすることがあるでしょう。これでオオマグサの10Fやりたいですね。



マリブポイントはARAKAWA SURFBOARDの正規販売店です。

日本からガンボードの注文が入るのはここマリブポイントだけとなります。

閲覧数:47回0件のコメント

Comentários


bottom of page