Posts Tagged ‘バリサファリ、bali safari’

バリ旅(バランガン編)

2024-03-03

至福のウブドでの時間は過ぎさり、娘たちは帰国の途につき、私達二人は新たなる旅へ。

悩んだ末に選んだ先は「バランガン」。大好きなウルワツ近くの宿も探したのですがどこも空室はなし。

Balabgab Sea View Bunglow

選択条件は

①素敵なプールがある

②清潔なベッドとバスルーム

③ホットシャワーで出る

④海まで自力でいける

⑤食事が美味しい

⑥静かな場所

⑦ヨガスタジオが近い

この7点で探したところ「バランガン」という場所にある「Balangan Sea View Bungalow」を選びました。バランガンと言えば元プロ野球選手の新庄が住んでいた場所。

バリ島の西海岸に位置し夕日がとってもキレイなところ。

高速レフトのバランガン

ご覧のとおりサーフポイントは目の前。話には聞いていましたが高速のレフトが割れています。白い砂のビーチが広がります。ビーチの幅は400mくらいでしょうか。左の崖上にはニュークタゴルフ場。右の崖は夕日のビューポイント。夕方になると毎日たくさんの人たちが夕日を楽しみにきます。

そして気に入った一つのポイントが

放牧の牛

ホテルの前ののっぱらには毎朝放牧されている牛がやってきます。とってものどかな雰囲気。

朝はこの牛たちの間を縫ってビーチまで下りてゆくのですが、牛たちも私と同じ道を歩いてビーチまで下りていました。

「カランコロン」と首の鈴がなります。上の写真で牛にひもがついているのがお分かりかと思います。そのヒモの先は手前の草に結んであるだけ。

「意味あるのか?」草のないところでは直径30㎝くらいの石に巻き付けてあるだけ。「意味あるの?」

それがこの牛たち巻き付けてある草と石から離れようとしないのが不思議。

プールとバンガロー

私達はバンガローではない部屋にしました。天蓋付きのベッド、ミニ冷蔵庫、エアコン、ホットシャワーと古いが清掃されているお部屋と基準を満たしていました。

ただ一つどうしようもないのですが、プールの水温が高すぎでした。私はタラソテラピー施設でプールでの運動指導を長年行っていたので水温はだいたいわかります。35℃あります。

夜になっても落ちません。

水温35度のプールは温水プールではございません

ここでも食事はとても美味しく朝は5種類から選べます。私はだいたいどこにいても目玉焼き。

理想の目玉焼き

この島の目玉焼きは私の好みなんです。黄身までしっかり火がはいったものが好きなんです。

モーニングブースターとパンケーキ

海と空と牛を見ながらの朝食。とても穏やかな時が流れます。

写真正面に見えるガゼボーには夕方になるとローカル達がお酒片手にバイクでやってきては夕日を見ながらその日の疲れをいやしています。

朝になるとみんな自由にヨガを始めます。

フレッシュココナッツドリンク

これが美味しいこと。ココナッツ。飲んだ後はナタデココをスプーンでほじくって食べるのですが、とても栄養があり夏バテを防ぐそうです。ビール飲まないときはココナッツです。

朝・昼・夕方と3回のサーフィンは体にこたえると思ってしまいますが、海水温が高すぎるので1時間が限界です。1時間もすればのぼせてしまいます。だから3回入っても3時間くらいです。

宿が近くなければこうはいきませんね。

海は透明度は高く高水温。中央には小さな川がありその近くは海底も砂でした。

波は噂とおりの高速レフト。スクールやガイド付きのサーファーも沢山いました。滞在中は波は大きくならなかったので皆楽しくサーフィン。

以外だったのがここでも女性が半数くらい。ヨーロッパ系のツーリストが多いです。

私はスクールから離れた左の崖のほうで楽しみました。早くテイクオフしないと先が崩れてしまう波です。バリ島はこのタイプの波が多いかもしれませんね。そしてロングボードが多数をしめていました。

お気に入りの2本

今回持参したのはこの2本。3SurfboardsのISOとScooterⅡ

使ったのはほとんどISOでした。波が早いのでテイクオフを早くし、細かいボードコントロールで波のハイラインを走らなくてはならいのでノーズは細いほうが私には良かったです。なぜなら75キロ以上あるヘビー級サーファーなので。多分60キロ代であればScooterのほうがより走れるかもしれませんね。

バリ島に来ておろしたISOですが既にバランガンに付くころにはボコボコです。しかも、2日目の朝に前夜の雨で海に流れ出した流木にあたってしまいボード破損。でもそれで済んでよかったです。

流木と言っても小さいものから巨大な倒木まで。それがセットの波にもまれて波待ちしているところへ押し寄せてきます。

いつもより深くドルフィンしないと流木にヒットします。

海から上がればプールとビールでゆっくり。

ここバランガンは海とプールだけではありません。

車で20分ほどのところにヨガ&カルチャースタジオがあります。私と朋子先生は予約を取りヨガを体験しに行ってきました。

La Tribu Bali

La Tribu Baliはヨガをはじめ、ヒーリング教室や陶芸、銀細工などのカルチャー体験も通じて心身を健やかにしてくれる場所です。

メニュー

死ぬほど暑い時間を除く朝を中心とした時間に色々あります。価格は日本と同じくらいです。

ヨガマットはボロボロです

開放的な空間でヨガは行われます。この日も私達が一番乗り。案内されヨガマットの上でウォーミングアップしていると先生が登場。

今日はANNA先生。アナ先生は何やら楽器らしきものを持ち込みスタンバイ。

スピーカーがすごい
色々なヨガができるよになっています

私達はビンヤサフローヨガを受講。

どんどん人がやってきて満席となりました。多分参加者は皆さんツーリストです。数週間とか数カ月ステイしている人かと思います。女性が6割くらいでした。

長身のバレリーナのような女性、ダイエット目的の方、ゴリゴリゴッツゴツのマッチョな男性、膝を手術してリハビリできれる若者など。

アナ先生のリードであっという間に汗ビッチャビチャ。この旅で一番汗かいたかな。

私は以外にも体は柔らかいほうなので、一通りの動きはできました。ゴリゴリマッチョくんは辛そう。

ヨガマットはこすれてボロボロでしたが下にふかふかマットが敷いてあるので肘や膝は痛くないですよ。

レッスンも後半、先生は先ほどの謎の楽器をバッグから取り出し演奏しまじめました。アコーディオンのような空気を使う楽器です。なんとも安らぐ音色です。

そしてシャバーサナ。額を伝わる汗にムズムズすると先生は歌いだしました。

流石です。ヨガの本場バリで先生やるくらいなら歌くらい歌えないと。サンスクリット語?何を言っているかわかりません。

アナ先生のやすらぎの歌に癒され心と体を一つに戻したら終了。

体は出来上がりました。

いよいよ大好きな場所、ウルワツへ。

麗しのウルワツ

4年ぶりとなるウルワツは変わらず美しい波を作り出していました。サイズは頭くらい。

もう待っていられません。すぐに準備して膝に良くない階段を降りビーチに降りました。沖に目を向けるとバッチンバッチン当て込む若者の姿と同じくバチバチ当ててる女性の姿が。

世界レベルを目の当たりにできるチャンスです。

世界レベル

私は左のブレイクへ。

美しい水に美し波。

パドルアウトするとすぐに右へと流れてゆきます。正面のポイントには10名くらいのサーファーがいました。ついてすぐに波がきたので最初の1本に乗りました。

良い波。

パドルバックしそのまま左奥のポイントへ移動。そこにいた人たちは正面の人たちと技量が異なりました。ここでもポルトガル語、英語、スペイン語、フランス語が飛び交っています。

その中でもおそらく185㎝はあるであろう長身のブラジル人らしき人のパドルの速さとアクションは並みはずれていました。それと英語を話す女性サーファー。

ここウルワツでも女性サーファーは多く、ガンガン波を攻めてゆきます。

多分自国ではプロサーファーかスポンサーのついているトップアマチュアなのでしょう。ボードには多くのステッカーが貼られています。

ビール飲みながらサーフィン観戦

ここも高水温。

海にいたサーファー達も次々と上がっては入ってを繰り返します。私は90分ほどで満足。

波とり激戦でしたが、私は勝浦のサーフィンに慣れているので波が割れる「根=ISO」で待ちます。他のサーファー達は波がくれば来たほうに動くので、2本目が異なる根に向かうと間に合わないです。

私は自分の根でまっているので適当に波をキャッチするこに成功します。波は私の思うようにブレイクし思うがままに技が決まります。こんなこと日本ではありえません。

波が私を離してくれないという感じでした。ワイプアウトなし。

大好きなウルワツに別れをつげ再びバランガンのコテージに。

バランガンの夕日
ビールタイムの始まり

ここバランガンには3泊しました。明日はタウンへ戻りますので最後の晩餐。

もちろんビンタン。

何本飲んだかな?今回は私よりプールにいた朋子先生のほうが飲んだかも。

旅の終わりが近づきさみしくなる

このバランガンでフランス人家族と出会いました。彼らはサーフィンで有名なホセゴーから来ていました。お子さんは1歳半くらい。お父さんは30歳くらいかな。とても陽気で気さくなフランス人二コラ。二コラ一家はバリでの滞在を終え西ジャワへと旅立ちました。今年の夏には日本にもマリブにも来てくれるとかなんとか。

二コラが旅だったその日にジャワでは珍しい竜巻がウエスタンジャワを襲ったとニュースで見ました。

大丈夫だったかな?

翌朝、ホテルをチェックアウトしクタまで戻る道中にちょこっとサーフィンをグリーンボウルとう場所で。この日はどこも波がなくここだけがありました。

ここも事前に「300段の階段」がきついと話を聞いていました。お寺のある敷地へ入り上から下を見ると高さはありますが波もあります。波につられ行ってみようとなりましたがガイドのマデさんは「膝が痛いか無理よ。マデ待ってる」と。

ポイントへと続く300段

これが本当にしんどい。半分くらいで膝が震えはじめました。汗が滝。

朋子先生も滝汗。

ようやく下が見えました。

下には物売りの女性が2名。サーファーは私と一緒に降りたご家族だけ。とても美しいビーチには海水浴を楽しむ人の姿が10人ほど。

左側に流れるチャンネルを使い沖へ出ると途中ウミガメが2匹。結構遠いですがカレントにながされればあっという間でした。

ポイントにつくとオンショアが吹き始めました。サイズはセットで頭くらいのでライトブレイク。この旅はじめてのライトブレイクです。

良いとは言えない波で1時間であきてしまい岸へ。

黒くなった朋子先生

帰りのことを考えると憂鬱です。しばらく休憩し心を決めて階段に挑みます。

ここの階段、ここと限らずバリの階段は超不規則。幅・高さがそれぞれ異なります。だから上り下りはとても辛い。

足はパンパン。膝はガックガク。

20段行くと休憩。

本当にしんどい

50年の人生でもっときつい階段でした。

途中足をとめると後ろにひっくり返りそうになる嫌な角度。膝泣かせの高さ。そして体力を奪う暑さ。

地元武道大の柔道部の合宿に是非使っていただきたいおススメの階段ですね。

命からがら上まで登りました。

私達はグリーンボウルを後にクタへ向かいました。

途中によったのがチャンプルー屋さん。

ここから先は次回最終回へ。ここからチャンプルーにはまりだします。

バリ旅(Bali Safari編)

2024-03-01

船の時間まで余裕があったのでバイクで島一周ツーリング!

何度も走った道ですが風がとても気持ち良いです。毎回これをやってしまいます。

スーパーロングなマングローブの種
ドラゴンが潜むマングローブ

島の端っこにありマングローブ林では、SUPでマングローブ林をめぐることもできますが、2点注意が必要です。ガイドがいない場合は、迷子に注意。

ガイドがいた場合でもウォータードラゴンに注意。1m超えるトカゲがいます。嚙まれたらすぐに病院へ。

映え写真がとれるポイントが多数ある島

こんな絶景ポイントも。

この荷物が船に乗ります

我々を乗せたスピードボートは何と定刻通りにレンボンガン島を出発。

帰りはガイドのマデさんの計らいで風の気持ちよい2階席でクルージング。毎回持参するモバイルWifi「Wifi BOX」はどこにいても活躍しれくれます。洋上では特に調子よい。

Bali Zooの次はBali Safari

ボートは無事サヌールへ到着。

軽くシーフードを食べて、次の目的地「Bali Safali」へ。このサファリは空港にも広告が沢山でていましたね。ツアーに組み込んでも良いかと思い視察。

場所はサーファーにはおなじみのクラマスのすぐ先チュチュカンにあります。

チケットはインターナショナルプライス?大人1名6500円ほどです。ショータイムは15時くらいまでなので間に合いませんでしたが、とりあえず行ってみることに。

写真ではわかりませんが巨大ガネイシャ

エントリーするとすぐにバスに乗り移動。そのまま園内を回るのかと思いましたが、すぐにおろされそこがスタート地点でした。

歩いて回れるエリアには猿、鳥、オランウータン、ホワイトタイガーなどを見たり、ふれあいコーナーではウサギやリクガメ、ネズミ系、ヤギに餌やりができます。この辺は日本と同じですね。

長~いインエゲン豆のようなものを

そして、ここからはサファリバスに乗り込み動物たちのいるエリアへ移動。

ガイドさんがいろいろと説明をしてくれます
水陸両方バス

バスでは女性ガイドさんが面白可笑しく動物や植物のことを説明してくれます(英語)

そしてこのバスは、池の中へ入ります。

その池には巨大なカバがいました。これはびっくりです。

バスはカバのすぐわきを通ります

カバをこんなにまじかで見たのは初めてです。よくカバに人が襲われると聞きますが、これにおそられたら覚悟が必要です。

キリンは美しい
オスはどこだ?
固そうな体

約30分くらいでしょうか。園内をバスで移動。

様々な動物達が暮らしています。そして、このサファリ内にはホテルがありバルコニーから動物達を見ることができます。

Bali Safaliでは宿泊の他にも夜はナイトサファリやエンターテイメントショーなども行っていて昼も楽しめそうです。

私達は2時間くらい滞在しました。それ以上は暑くて無理でした。

日本のサファリパークと大差はないと思いますが、沢山あるお土産ショップではエアコンがなくそこが一番暑かったかな。

個人的にはBali Zooのほうが色々楽しめたかな。

17時となり私達はこの度のハイライトと言ってもよいであろうウブドへ。

ウブドへは何度も行っていますが宿泊するのは初めてのこと。とても楽しみです!