Posts Tagged ‘プラマナ、’

バリ旅(ウブド編)

2024-03-02

太陽も傾きウブドへと続く道路はバリ島名物の渋滞となりました。

あたりが薄暗くなりコウモリ達が飛び始めたころ私達は今回の滞在場所となる2018年オープンのリゾート「Pramana Watu Kurung」に到着。

ジャングルステイの入り口

到着すると笑顔のフロントスタッフがすぐに来てくれて荷物を車から降ろしてくれました。私はその間いチェックイン。

開放的なフロントでエントランスには電動カートが数台ありました。敷地内はこのカートで移動すると書かれていたのでそのカートでしょう。

予約の時に結婚25周年をかねた旅と伝えていたのですが、ホテルの粋な計らいで2つとっていた部屋を2部屋ともに何と!2段階のアップグレードをしてくれていました。

もともとスウィートでしたが、プール付きのプライベートヴィラにアップグレード。

もちろん天蓋付き

ベッドにはたくさんの花びらでメッセージが書かれていました。そして手書きのメッセージも。

さらに!アニバーサリー記念のケーキプレゼントまで。

サプライズのケーキプレゼントまで

部屋は落ち着いた雰囲気でオシャレに造られたトラディショナルスタイルです。

私達のヴィラは本館からカートで2分ほどのArtist Villegeというエリアにありました。

このPramanaはブティックリゾートとジャンル分けされ数々の賞を受賞しているホテルです。エントランスに続く歩道から庭園、客室、ヴィラ、レストラン、プールにいたるまでデザイナーのデザインにより造られたリゾートです。自然の景色や植物との調和がとても素敵です。

ヴィラのプライベートプールは深い
石のバスタブは巨大

アメニティも充実しており、シャンプーなどはフェラガモが使われていました。驚いたのが歯ブラシに付いている歯磨き粉。市販されている小サイズのものが付いていました。1週間くらいないと使いきれない量です。

夕食はそのままレストランで。

内線電話ですぐにカートでお迎えに来てくれます。食事もとっても美味しい。インドネシア料理でも盛り付けがとても繊細です。

この夜はたまたま木曜日。木曜の夜は地元の女性たちによるバリ舞踊のショーがありました。

女の子がとてもかわいい

あかねさんはインドネシアでは大人気。どこにいっても振り替えられたり手を振られたり、この日はステージにあげられ一緒にバリ舞踊を。レストランの男性スタッフは目が釘付け。

第2のデヴィ婦人になれるかも。

翌朝、私達は2つのことを行います。

まず最初はヨガです。ウブドと言えばヨガの本場。このホテルにもとっても素敵なヨガスタジオがあり毎朝7:00から無料のヨガレッスンが受けれます。

ヴィラから本館まで歩いて5分ほどジブリのような小道を歩くのが気持ちよいです。とってもすっきりします。

1件だけあるワルン

途中には1件だけ小さなワルンがあります。ヨガ用の水はここで調達。店先には朝どれらしき野菜が並んでいました。しかしこのお店は太陽が昇ると閉店。

小道から開けた田んぼ道へと続き、ホテルのエントランスへと。

リゾートは渓谷に囲まれるように存在しているのでどこにいても水の音が聞こえます。

ちょうど朝日が椰子ごしに差し込んできたところがヨガスタジオ。

1日目は男性の先生

7時スタートだから私達は10分前にスタンバイ。

誰もこない。

時間通りにスタート。すると、あとからあとから参加者が入ってきました。

10分もすると超満員。マットも足りなくなりプールのチェアマットを活用。それでもスタジオに入りきらない人は見学に。

約1時間のヨガは先生のハイピッチにより息つく暇もなく進行。心拍数の上がるヨガでした。

ヨガが終わると私は真っ先にレストランのほうへ。

昨夜は暗くて見えなかったこの景色を見たくて。

どこにいってもプルメリアの甘い香りがします。

レストランからプール越しに渓谷が見えます。下の川ではラフティングが楽しめます。

とにかく気持ちよい。

何度深呼吸をしたことでしょうか。

なんてゆっくりしていられません。

もう一つの朝やるべきことが待っています。

それがこちら!

浮き浮き朝食

フローティングブレックファースト。

娘の願いを一つ叶えてみました。私は正直朝食は陸で食べたい。

巨大なバスケットに注文した朝食が並びます。このホテルの魅力の一つが朝食です。ボリュームもありますがキレイで美味しい。

美味しい朝食は陸で食べたい

娘の映え写真を撮るために私と朋子先生は流れてしまう花びらを集めては上から降らせの往復。撮影の次女は長女のリクエスト通りの角度から撮影。

何カットか撮影すると映像チェックが入ります。取り直し。。。

しかし誤算が。海と違って水温が低い。長時間は無理。

なので撮影は30分くらい。

早くコーヒー飲みたい。

浮き浮き朝食を済ませ、本館のプールへ行きました。この日は午後からウブド散策なので午前中はホテルでのんびり。

プールサイドバーもあり

とにかく気持ちよいインフィニティプール。2冊の本を日本から持ってきましたが本を読むにも最高のスペースです。

美しい空
曇りイメージのウブドでしたが晴れ
間違いなしのウォーターメロンジュース

至福の時は瞬く間に過ぎ去ります。大事に時を過ごしたい。

マデさんは14時に迎えに来てくれました。ウブドの街散策も久しぶりです。

朋子先生はお目当ての可愛いお店でお買い物を楽しみ、ジェラートを食べ、ライステラスのあるテガラジャまでドライブ。ジェラートは毎度のジェラートシークレット。

夕食はせっかくなのでバビグリン(豚の丸焼き)をイブ オカで楽しみました。

翌朝は7時からヨガ、8時からはホテルのガイドによる地元お散歩プログラム。

疲れてきていましたがアクティブレストです。

この日は女性の先生。

前日は満員だったのにこの日は他に誰もいない。

朋子先生はマンツーマンで先生のトレーニングうけることができて体はバッキバキ。

ヨガが終わり、そのまま散策プログラムへ。

参加者は私達だけ。

ガイドはODEという23歳の笑顔がカワイイ若者。倅の同級生に似てるのであだ名はソウタ。

ソウタは地元ウブド出身の23歳

ジブリ路地にある民家の構造の理由や生活スタイルなどを説明してくれました。ブライダルは大変だと少しこぼしていましたがナイスガイ。

この頃になると私の肌色は現地の方と同じくらい。もっと黒いかも。

1時間の散策を終え、朝食。

そしてプール。

再びプール

バリ島での滞在はエアコンとプール無しは考えられませんね。

最後にSPAでマッサージを受けました。

本館の2階にスパルームがあり通常はそちらで受けるようですが、アーティストビレッジのスパで受けれるようになり私はバリ古典的マッサージをみんなはアロママッサージを。

まずは足をお清めしてからショーツに着替えてマッサージがスタート。圧力も調整してくれるので筋肉もゆるみリフレッシュできました。

チェックアウトは12時。

チェックアウトの時にもフロントスタッフ総出でお見送りをもちろんODEも。

夢のような時間をここウブドで過ごすことができました。日本人客は少ないそうですがここのサービスとホスピタリティーはきっと日本人でも満足ゆくと思います。

大きすぎず、小さすぎず程よい空間とスタッフとの距離感が程いよいPramana Watu Kurungは是非おススメします。

娘たちの旅は今日が最後。

夜中のガルーダで帰国します。これまで最終日がホテルチェックアウトしてからフライトまでの時間が長くてとても疲れてしまうので最近では1泊分ホテルをとります。そうするとチェックインの時間ギリギリまでホテルでゆっくりできます。

クタにあるグランド イスタマラナに1泊。

娘たちはホテルの隣にあるモールでお土産を物色。夕食はホテルのレストランで済ませ空港へ。

空港では速やかに荷物を降ろし、ガイドのマデさんとお別れ。

マデさんはお土産にと娘たちに沢山のお菓子を持たせてくれました。

二人は日本へ帰りました。

私の旅はまだ続きます。

明日からは初めての地「バランガン」。これまではちょこっと見ただけのバランガン。

どんなところで、どんな経験が待っているのか楽しみです。