Posts Tagged ‘ロングボード、ミッドレングス、ショートボード、松部、部原、オオマグサ、マリブ、’

勝浦の波に合う3Surfboards「大人祭り」は3/31まで開催です。MIDの次にくるのは?

2024-03-06
勝浦のリーフでは間違いなしISO=磯モデル

3Surfboardsの基本理念は「勝浦のポイントで調子良いこと」。

そこを追求しています。

ボードのテストは私と岩瀬先生、ユウリくんが主に行っております。テスト場所は、マリブ、コマリブ、松部、港、部原と勝浦市内いたるところで行っています。

同じポイントでもその時のタイド、風、ウネリの方向、季節により異なる顔を見せます。

バリ島でも毎年テスト

各ポイントの特徴を考えます。

例えばマリブなら

・ロングフェイス・オフショアが多い・水がないとチュービー・大混雑・水量が多くてウネリが乗ってくるのが最もヘビー・春はナガモクが多い・4月~9月の干潮はドライリーフとなる・ウネリは南東がいい・南西はワイド・真南は以外と良くない・ダブル近くなるとアウトサイドが割れる・オンショアでもボードは走るなど。

そんな状況を考えながらボードデザインを考えてゆきます。

ベストセラーMP-MID

そんな状況を誕生したのがしたのがMP-MIDだったりします。マリブの沖からくるウネリをロングボードを同じ位置からキャッチでき、フェイスが切り立つ前にドロップしているから刺さることもない。

そして勝浦の波特有のフェイスの方さに負けることのないように深いダブルコンケーブをほどこし、シングルフィンで乗ってもフェイスがしっかり水に食い込むようにし、ターンを軽くしました。

同じように考えてISOやSCOOTER、DOVY、MINI DOVY、HUSTLE、MARVERICなどが生まれました。

マルチなSCOOTERⅡ

これは私が経験から考えた3Surfboadsの勝浦市内におけるポイントごとの適正です。

私の個人的考えです

 この表を見ると勝浦はどちらかというとショートボードが楽しめるポイントが多くあります。だからそこミッドレングスの活躍の場が広がりMP-MIDがベストセラーとなった理由がそこにあります。

マリブや部原のように良い波になると混雑するポイントでは、ロングボードは取り回しも大変だし人に当ててしまったことを考えると怖い。ショートだとあの波とり競争には不利。そこでMIDがベストな選択となります。

しかし、これはみんなが考えることで。だんだんとショートボーダーとミッドボーダーの間にひずみが生まれてくるはずです。実際に今回のマリブ炸裂でもそのような場面を目の当たりにしました。

大き目のSCOOTER
大き目のMini Dovy

今後その辺のもろもろを回避すべく現れるボードタイプの一つが大き目のショートボードだと思います。いかにもミッドレングスですというようなロングボードを小さくしたノーズが丸いボードでなくとがったボリュームあるボード。

写真にある大き目のMini DovyやSCOOTERです。8Fのミッドには負けますがショートよりははるかに早く波をキャッチできます。

もう一つ私が注目というよりプッシュしているのがMINI GUNです。最近私も混雑のマリブや松部では必ずと言っていいほど持ち出すのがこのMINI GUN。ARAKAWAのRP6’8”やSTUN GUN6’4”そして3SurfboardsのSTEP UP。

行き着くところはBonzer Gun7’11”

波待ちしていてお互い見える部分てノーズです。パドリングしていて目に入るのはノーズです。

毎年バリアンとうバリ島のポイントに行き目にしているのが一番奥の良いとこにいる先のとがった大きなボードに乗る初老の白人達の姿。

彼らは、一番奥の良いところからシャッシャッと5~6かきして涼しい顔を波をキャッチしたかと思うとショートボードのように扱い波を刻んでゆきます。そんな彼らが5人もいれば5人だけで波を回すことも可能でしょう。

手に取ってチェックしていませんが6F後半から7F後半くらいのショートボードを大きくしたようなボードです。ノーズは尖っていますがテールは絞っていない。

5’10”のショートボードを6’10”にした感じです。

少し前だとこの界隈ではロックホッパーのみっちゃんが乗っていたTokoroみないな。

最近ではボンドのハルさんが乗っているようなビッグボード。

STEP UP 6’8”と6’10”

日本では一部の特別な地域を除くとGUNボードを持ったり乗ったりする文化がないと思います。

ここ勝浦にはGUNボード文化があり、私の先輩たちも波が小さくても大きくてもGUNに乗り続ける人がいました。

テイクオフは早く、動けるサーフボード。昔のGUNと今のものは異なるものです。

Mini Gunがミッドレングスのように日本中で流行することはないと思いますが、ここ勝浦ではあり得ることです。勝浦の波にMini Gunは合っているはずです。

私もこのまま年を重ねてもサーフィンをやり続けるようであれば、5年後にはきっとMini Gunにばかり乗ると思います。ミッドレングスといえばミッドのMini Gunですが操作性は全く異なります。軽やかです。

今年は私のそんな考えを盛り込んだサーフボードをデビューさせます。

楽に乗れて、楽に沖に出れて、尖っていてカッコいい!そんなボードです。

コレはシニア世代におススメします!

2023-03-25
強くなった気分になります

ボディースーツ。

昨シーズンのノースショアでマイケル・ホーさんが着ていたのと同じものを作ってもらいました。

すっと欲しかったフロートプロテクション入りのショートジョンです。

シニア世代におススメのオプションです

もちろん大きな波の時にいち早く水面に浮上するためのフロート。

そして巻かれているときにボードが体にヒットしたり、カッチコチになった水面に叩きつけられたときのダメージを軽減させるプロテクション。

主にこの2つの目的のために作られたボティースーツ(ウエットスーツ)の最も重要な目的はサーフィンやSUPなどのウォータースポーツの安全性を高めること!

脂肪の薄くなるとこにフロートが入ります
最初は着心地悪く感じるかも

それが!

こういうの着てはじめてわかることなんですが、マリブポイントではあらゆるシニア層におススメします。

冬はフルスーツ着ているのでウエットスーツによる浮力は確保されています。フルスーツ着て潜ってみてください。かなりの泳力がない限り潜ることはできないし、潜った状態を維持することはできません。10kg以上のウエイトをつけないと潜れません。

暖かくなりシーガル、ロングスプリングとなりやがてはスプリングやショートジョン、タッパーとなりますね。

ショートジョンやスプリングで潜ってみてください。

潜れます。

ということはフルスーツで得ていた浮力がなくなっているということです。

浮力のあるフルスーツ

同じサイズの波でも夏にもまれたほうが苦しいはずです。これは私自身経験しています。

つい先日もフルスーツの冬の日本からショーツ一丁のバリ島では小さな波でも巻かれると底のほうまでもっていかれ、なかなか浮上してきません。バリアンでの一撃はきつかったです。

サーフィンが一番楽しいのはもちろん夏!

しかし一番危険なのも夏。

そこでこのプロテクション入りウエットスーツをおススメいたします。

同じ普通のショートジョンやスプリングに比べ各段に浮上速度は速いです。つでに、リーシュ切れてボード流しても楽々浮いていられます。

見た目違和感ありません

さらには、

「あいつ、こんな波小さいのにフロート入り着てるよ」なんて言われることはありません。

波にもまれて苦しいのは波の大きいときだけですが、普段からある危険性の1つは、自分もしくは他人のボードが体にヒットすること。

だれしも経験したことがあるはずです。あのボードがヒットしたときに痛み。

痛いだけで済めばよいですが、中には骨折することもあります。特に肋骨。私はありませんが1年に2件くらい聞く話です。

最近多いミッドレングスやロングボード、SUPはボードが大きく重く固いのでケガのリスクが高くなります。

背部も待もまれます
大腿部にもしっかりパットが入っています

波にまかれたときの不安とボードがヒットした時の防御。それらを取り除くことでもう一つ先へ行けそうな気がします。

これまで「歳だから」と躊躇していたが、これで一歩踏み出せるかもしません。

ということで、このプロテクションはオプションで搭載することが可能です。

ショートジョン、スプリングに限定されますが、オプション価格は20,000円(税込22,000円)となります。

この20,000円の投資は私はありだと思います!!

この時期が気持ち良い「マリブにお泊り」

2022-05-12

GWは夏の予行練習。夏の準備。

と言われますが皆さまは夏にむけての準備は整いましたか?

この時期のマリブは特に朝がステキ。

朝日が降り注ぐバルコニー

朝は5時くらいからイソヒヨドリやツバメたちの声で目が覚めます。

カーテンを開けバルコニーに出れば目の前には美し太平洋勝浦湾。この時期は入港待ちの鰹船が沖で何隻も待機しています。汽笛やエンジン音が港町の雰囲気を盛り立てます。

そしてマリブの山からおりてくるこの時期特有の植物が発する爽やかな新緑の香が、今日一日への期待を膨らませてくれます。

リゾートはバルコニーが命

私も季節ごとに泊まったことがありますが、泊まりたいと思う気持ちはこの気持ち良い朝を感じたいからです。

700メートル離れた自宅では感じることのできない感覚がここにあります。

そして海へ。

人気上昇中のサーフィンレッスン

海に行けば何か楽しいことがあります。

サーフィンでも、SUPでも、釣りでも、貝殻広いでも、砂遊びでも。

白い砂浜と透明度抜群のこの海があれば何でも楽しくなります。

なりきりカノア
家族や友人達とビーチで過ごしましょう

この勝浦市の串浜、通称マリブではゆっくりとした時間が流れます。

よくお客様に「のんびりできて良いですね」と言われます。ここでは急ぐ必要がないので自然と時間はゆっくり流れます。好きなだけ浜で遊んでも、昼間からビール飲んでも、バルコニーで読書していても誰からも何も言われません。

そして暗くなってくれば腹が減るのでBBQ。

これも好きな物を好きなだけ食べるのが良い。

BBQの締めくくりは焼きマシュマロに限ります!ちこっと洒落たフランス料理のデザートのごとく焼きマシュマロをほおばりましょう。

マシュマロの焼けた臭いがたまりません!

暗くなれば普段やることのないことをやるのがおススメ。

撮影のため特別に庭で花火しています

花火や肝試しがススメのアクティビティです。

勝浦には日本で一番花火が安いお店があります。TVでもやっていましたね。

勝浦には肝試しにうってつけの場所が多数あります。自信あるかたは是非。

海の見えるお風呂

海を見ながらの朝風呂はとてもリッチな気分にさせてくれます。

先日2時間入っていたお客様もいましたね。

是非お泊りで遊びにきてください!!

2泊以上できれば充電満タンにして帰ることができますよ。

ご宿泊に関するお問合せは

0470-64-6480

ボードをこしらえるなら冬

2022-01-21

一時期のブランクス不足も解消されてきて安定供給されるようになってきました。

3Surfboardsでも続々とボードが仕上がってきました。

来週仕上がりを待つ2本

日本には四季があり気温だけでなく湿度も大きく変化します。

湿度の多い時期では材料となるブランクスや樹脂も湿気を吸ってしまいます。乾燥している冬に比べごく僅かですが重く仕上がるそうです。

冬は逆に湿度が低いので湿度の多い季節に比べ軽く硬く仕上がります。

今がベストシーズン

ってことはこれから4月くらいまでがボードをこしらえるベストシーズンということ!

ファクトリーも混雑するのは4月~9月くらい。

やっぱり今が一番良い時期。

ビッグフィッシュ
ISO
STEP UP
MINI DOVY

どんどんボードも出来上がってきております。

今不足しているのは7F後半から8F前半までのミッドレングス。このサイズとEPSは入手がいまだ困難な状況。

その他であれば1カ月ちょいくらいで仕上がります。

<割引システム>

大人割・・・サーフィンに対する情熱の消えない大人。自己申告制

学割 ・・・学生証の提示が必要

上記の2つの割引によりとてもお手頃価格でカスタムサーフボードをこしらえることが可能です。

ISO
KUMA
HPNR

こちらの3本は昨日できたてホヤホヤ。

「勝浦以外で調子よい保証はございません」でおなじみですが逆に言うと

「勝浦では間違いなし」ってこと。

本当に他の海での保証はありません。なぜなら私やライダー達が勝浦以外でサーフィンすることがないのでフィードバックがもらえなんです。

ですが、基本コンセプトは「勝浦の波にフィットするデザイン」。

部原、くそ下、おばちゃん、港、オオマグサ、マリブ、松部、コマリブ。

あらっ?ほとんどがリーフブレイクだ。

マリブポイントにはお試しいただける試乗ボードも多数ございますので是非お試しください。

今がベストシーズンです!!!