top of page
検索

今日は釣れました。勝浦湾でのSUPフィッシングの注意!

今日も早く目が覚めたんので海へ。

マリブ沖と松部にはイワシのかたまり(ベイトボール)がいたるところに。


波はなし。

なのでSUPフィッシングへ。久しぶりです。


お客様は早々海へ。



すぐに良いサイズのスズキが釣れました。

75㎝ありましたが細身でした。


マリブのピークから100M以内のところです。

周りはイワシだかけですがらイワシから逃げるようにしていたら釣れました。これまでの経験上イワシの中に投げても釣れません。

イワシの群れを避けるようにすると釣れます。


ルアーは名作K-TENブルーオーシャン。

何度もジャンプし楽しませてくれました。

しかし、最初にこれが釣れてしまうと後が大変なのがSUPフィッシング。ストリンガーとあいう留め具を顎につけてヒモでつるし生かしたままにするのですが、移動するとスズキの大きな口に海水が流れ込みものすごい抵抗となります。

水の入ったビニール袋をひっぱっているような感じです。


でも時間あるので釣りを再開しますがワカシ(ブリの子供)ばかり。

すると岸から100Mくらいのところで強いあたりと頭をたてに振る強い引き。「これはっ!」と思ったらスッと軽くなりました。

針が抜けてしまい魚はどこかへ。


はい。終了。

約60分で

スズキ 1本

ワカシ 多数

イナダ 1本

大物  バラシ


で一緒に行ったお客様は


豪快サイズのマダイ65㎝を1匹とお手頃サイズ1匹とタイ飯サイズ1匹の計3匹のマダイをキャッチ。

私はさんざんやってきましたがマダイはいまだに釣り上げていません。うらやましい!


しかもお客様も大きな魚を逃がしてしまいました。

何か大物が入ってきましたね。


ここまでが今日の釣果。

これを見ると釣りに来る方も増えますが、

ここからは


「勝浦湾内でのSUPフィッシングの注意点」

①釣り・侵入禁止危険エリアを把握したうえで海に入る。

②港口には近寄らない。横断しない。

③携帯電話を持参

④赤い旗を立てるか、赤や蛍光色の目立つ色のシャツ、防止を着用

⑤漁船やプレジャーボートの邪魔をしない

⑥沖でちぬきをしない

⑦十分な天気情報を取得しておく

⑧霧の濃い日は出ない。途中霧が濃くなってくる前に帰ってくる

⑨雷情報に注意

⑩水分を持ってゆく


漁船は前を見ていないことがあります。

こっちが注意していても事故を回避できないことがあるのでとにかく近づかない。


安全に楽しく釣りをしましょう。

閲覧数:65回0件のコメント

Comments


bottom of page